人材育成が社員と会社組織の協働を創りだす

HOME >週刊Neue Fahne(新人に教えるビジネスの常識 −3− 「仕事に“えり好み”をさせない」)

お問い合わせはこちらから 03-5297-1866

お問い合わせフォーム

株式会社ノイエ・ファーネ

東京都千代田区神田富山町26-6 林ビル202

TEL.03-5297-1866 FAX.03-5297-1880

週刊Neue Fahne

2017年03月06日号

新人に教えるビジネスの常識 −3− 「仕事に“えり好み”をさせない」

 学生への過度な「キャリア教育」の弊害からか、本人が「意識高い系」を気取っているのか入社早々に「わたしは、こんな雑用をするために会社に入ったわけではない…」と思う新入社員が増えている。
 また、「この会社では自分の個性が活かされない」「いまの会社では自分の本当にやりたいことが出来ない」といって、転職を繰り返し結局は「キャリアダウン」をする残念な若者もいる。さらには「自分には能力がある」との思い込みで、希望する仕事以外のものを除外し定職に就くことのない若者もいる。

 そこで管理職は率先して、入社してきた新人に対し“そもそも仕事のキャリアなどは最初から備わっているわけではない”ということを解らせる必要がある。また、“会社でのさまざまな仕事経験を通した成功・失敗体験の蓄積が、仕事のキャリアとしてその人の身に就くものだ”というビジネスの常識を教えなければならない。さもなければ職場は「夢追い人」の集団になってしまう。
 会社での業務は多岐にわたり、一見すると雑用と思われる仕事もたくさんある。往々にしてこれらの仕事は、新入社員や入社年次の浅い若手社員に回ってくるものである。しかし、会社での仕事に「小さな仕事」も「大きな仕事」の区別があるわけではない。必ず何らかの理由があって行われているものだ。

 仮に新人が与えられた仕事に対しに「雑用仕事で本来の仕事ではない」と感じているのであれば、それは既存社員の側に責任がある。既存社員の仕事姿勢が会社の業務全体を理解せず、目先のことにとらわれて広く周りを見ていない証拠だ。既存社員が「やりたくない仕事だから」と投げやりな姿勢を取ってしまうならば、それは新入社員に感染して周りから「こまった君」という評価が下される。会社全体の業務を支えるには、縦横に入り組んだ仕事の集積ということだ。
 一人ひとりに課せられている仕事は、数多くの業務のなかの一部を構成しているということだ。管理職は新人社員のみならず部下に対して「今現在の自分の仕事を自分なりに会社全体の業務の中から位置づけ直してみる」ことを説かなければならない。

 与えられた仕事に真剣に取り組むことで様々な経験ができる。この経験が将来の自分のプラスになるのである。当初は自分には合わないと思っているものでも、いざやってみると、自分でも気づかなかった職務の適性を発見することもある。仕事のキャリアは適切な経験を通して仕事の奥深さや面白さを見出すことで形成されるものだ。
 会社での仕事は、すべてが“意味と目的”があって行われる。管理職はとりわけ新人に対して“担当する仕事が存在しているのには、その理由がある”ということをしっかりと理解させていかなければならない。仮に仕事の“えり好み”をしていては、その存在理由を察知することはできない。そして管理職自身が“自分の可能性を広げるためにも、どんな仕事にも前向きに取り組む姿勢を貫く”ことの重要性を率先垂範して示していかなければならない。

一覧へ

ページのトップ